【お役立ち情報チラシも!】売れる営業マン必須ツールと作り方!

インフォ



こんにちは!のいです!

営業活動とは、商品を販売するための活動です。

商品を販売するためには、

  • 分かりやすく丁寧な説明力
  • スケジュール管理能力
  • 何を言われても乗り越える気合い(笑)

など色々な要素が必要になりますが、
お客様と信頼関係を築く能力も必要になります。

お客さまとの信頼関係を強く築くには、周りの人と同じことをしていてはだめです。
自分だけの武器(ツール)を持って、営業活動に挑みましょう!

ということで今回は、
売れる営業マン必須ツールと作り方!についてご紹介します!

売れる営業マン必須ツール


売れる営業マン必須ツールを先にまとめると、以下の通りです!

  • お役立ち情報チラシ
  • 自作カタログ
  • スケジュール手帳

次から一つずつ解説していきます!

定期的なお役立ち情報チラシ配信のすすめ!


お役立ち情報の配信とはつまり、
お客様のためになる情報のみを記載したチラシを送付することです。


言われなくても情報配信はしてるよ!

こういう声が聞こえてきそうですが、その情報って

  • 新しい商品が出ます!
  • 来週、キャンペーンを実施します!

こういう情報じゃないですか?

僕がおすすめするのは、
本当にお客様のために役立つ情報の配信です!

お役立ち情報の内容


ではお客様のためになる情報とはどういう情報でしょうか?

僕が実際に配信していた情報を、例としていくつか挙げます。

  • 車内が暑い時に素早く涼しくするには?
  • 高速道路で故障したらどうする?
  • あおり運転された時の対処方法
  • 水没しそうになったらどうする?

こういった情報です!
車に乗る人なら、知って損はない情報ですね!

本社から配られるチラシには
こういったお役立ち情報だけを載せているチラシはないと思いますので、
基本的に自分で作成することになります。


ここで注意点なのですが、商品の情報はほぼ入れないようにしてください。
どうしても入れたい場合でも、最後にちらっと入れる程度で留めてください。

あくまで、「自分」というブランドを高めることだけに使用します。

他の情報を加えて、結局販売に繋げたいという魂胆が見えてしまった時点で効果は半減します。

お役立ち情報配信の目的


お客様視点で

  • 目からうろこ!役立つ~!
  • この営業の人、関わっていて損はないかも!

こう思ってもらうことが目的です!

販売する商品だけでなく、
お得な情報を配信してくれる、丁寧な営業マン
という付加価値(ブランド)を付けることによって、結果的には販売成績は上向きます!

PCスキルが無くても作成できる?


メリットは分かったけど、凝ったチラシを自分で作るなんてできないよ・・・


大丈夫です!僕もPCスキルが全く無い状態で作っていました!

  • お客様のためになる、届けたい情報を調べる
  • 自分の言葉で、簡潔にまとめながら書く
  • 文字だけではなく、画像も入れて見やすくする
    (可能であれば自分の顔写真を入れる)


このあたりに気を付けさえすれば大丈夫です!
綺麗に作る必要はありません。逆に手作り感が出て
この営業、不器用だけど頑張っているね!
こういう印象を与えることができます。

自信を持って、自分の言葉で作成してください!

配信にあたっての注意点


定期的に発送することを怠らないでください。僕は1か月に1回の周期で発送していました。


以前は2週間に一回来てたのに、もう3か月も来てないよ・・・
こういうことをしていたら、丁寧な営業という印象を与えることができません。

逆にしっかりしていない営業だな、と思われますし
そんなチラシはほとんどの人が見てくれません。

自分の業務量を考えて、無理なくできる周期で実施しましょう!

世界で1つの自作カタログを作ろう!


販売する商品は違えど、商談の際は本社から提供されているカタログを使うと思います。


このカタログに、伝えたい情報を自分の言葉で書きこんで
この世に1つしかない自分だけのカタログを作りましょう!


そんなことしてメリットあるの?
と思われるかもしれませんが、メリットありありです!

次から説明していきます。

慌てることなく必要な情報を提供できる


あまり営業成績が良くない方の商談を見ると、
カタログに書いていることをそのまま言っていることが多いです。

心当たりないですか?


ちょっと考えてみて下さい!
カタログに書いていることをそのまま言って済むなら、営業いらなくないですか?
お客様自身でカタログを見た方が、落ち着いて読み込みできると思います。

  • 実際に商品を買ったお客様の声
  • 自分自身使ってみた感想
  • この商品を買うことで、実生活においてどんな便利なことがあるか

こういったことを、自分の言葉で分かりやすく説明することが大事です。
極論ですが、営業はカタログに書いていることは言わない位の方が良いです。

ただ、実際の商談の場でカタログに書いていないことをスラスラ話すって結構ハードル高いですよね?

そこで自作カタログの出番です!
カンペとしてカタログにこれらの情報を書いておきましょう!

これによって、商談時も慌てることなく
お客様にとって本当に重要な情報のみを説明することができるようになります。

知識が深まる


商品知識が無い状態で商談することは、剣も楯も持たず戦場に出るようなものです。
それくらい、商品知識は大事です。

自作カタログを作るためには、その商品について深く調べなければいけません。
結果的に、その商品についての知識が深まります。

商品知識が深まると、お客さまへも自信を持ってお勧めできるようになりますよ!

ブランドが確立される


僕的にはこれが一番のメリットです!自分のブランディングにも繋がります!

お客様は類似したいくつかの商品を比較した上で、購入を決定します。
その過程の中で、それぞれの営業マンと話をすることになりますが、周りの営業と同じことをしていてはお客様の印象には残りません。

そこで一役買ってくれるのが、この自作カタログです!

  • あの営業さんはカタログを自分でアレンジしていたわ!
  • 普段から熱心に勉強しているのが伝わった!

と、お客様に印象付けることができます!

競合と商品力で大きな差が無い場合、この営業マンの印象の差で勝敗が決まります!


また、社内においてもブランドが確立できます。

店舗の店長というのは、部下の自慢をしたがるものです。

  • うちの部下は、自分でカタログを作っているよ!
  • 今はまだ実績が出てないけど、これからが楽しみだ!

こういう風に社内で宣伝活動をしてくれます。

その後販売成績が上向いてきたら万々歳、なかなか上向かなくても日頃のがんばりを店長は見ているので、きつく言われることはないでしょう。昇進にも関わってきます。

おすすめのスケジュール手帳と使い方


営業は時間を管理する能力がとても大事です。
そこで有効なツールが「手帳」です。

ただ、日ごろのスケジュールを何となく書いていたり、持っているだけで全然有効活用していないなんて人も多いと思います。

手帳選びのポイントと使い方をざっくりご紹介します!

手帳は大きすぎても小さすぎてもだめ!


まず手帳のサイズは重要です。

手帳が大きすぎると移動する時に重くて面倒ですし、書くスペースも持て余してしまいます。

ただ、逆に小さすぎるのもやめた方がいいです。書き込むスペースが小さすぎて、必要な情報を充分に書けません。

ということで、僕のおすすめはA5かB6サイズです!


この2つのサイズを見比べて、自分に合った手帳を使うことをおすすめします。

1時間ごとに区切られた手帳を使おう!


手帳は、1時間ごとに目盛りで区切られた手帳がおすすめです!

時間の区切りがない手帳を使うと、1日の仕事を時間で管理しなくなります。
その結果、ひとつひとつの仕事のスピードが遅くなり、効率の悪い動きになってしまいます。

1時間ごとに区切られた手帳は、1日8時間労働として最低8つのマスがあります。
これを全て埋めることで、自然とより多くの仕事を効率よくこなせるようになります!

僕の場合、1時間ごとに細かく決めた計画を遂行するたびに、青い蛍光ペンでそのマスを塗りつぶしていました。

ゲーム感覚で達成感があり、モチベーションにもつながっていました!


毎日内容の濃い活動をするために、1時間ごとに区切られた手帳がおすすめです!

メモスペースの使い方


一般的な手帳では、後ろの方にメモ用のフリースペースがあります。

このページは適当にメモをとるページとしては使わず
心に留めておきたい話や金言集を書いておくことをおすすめします!

初心忘れるべからずといいますが、一度胸に響いた大事な言葉も、日がたつと忘れてしまうものです。

成績が悪くなった時、行き詰まった時に読み返すことで気持ちが落ち着きますし、立て直すことができます。

例えば僕の場合、次のような言葉を書いていました。

現状維持は退歩である

現状を維持するということは周りの成長に遅れることになり、結果的に維持ではなく後退していることになる。という言葉です。
常に成長しないと!と前向きになります。

行き着く港のない船に 風は決して帆を押さない

目標のない人には、周りの人や環境は手助けしてくれないよ、という言葉です。
成績が良くない時も、この言葉を見返してひたすら目標に突き進むことが出来ました。


まとめ


以上、売れる営業マン必須ツールと作り方!についてご紹介しました!

僕はこれらのツール(武器)を使うことでお客様との信頼関係を築き、お客様満足度の部門で3年連続表彰をいただきました!販売成績もぐんぐんと伸びました!

効果は実証済みなので、自信を持ってお勧めします!
ぜひ参考にしてください!ではでは!!