短期大学に通う男の日常~サークル編~

ドラム_タム



こんにちは!のいです!

短期大学に通っていた男です。
短大に通う男のリアルな日常を投稿しています。

今までの記事はこちらをご覧ください。
短期大学に通う男の日常~入学編~
短期大学に通う男の日常~日常編~

今回は、短期大学に通う男の日常~サークル編~をお話しします。

サークル決め


どのサークルに入るか。。。いっとき迷っていました。

いろいろ悩んでいたのですが、
最終的には友達に勝手にバンドサークルに入部させられました。
僕がバイト中にですよ!ひどいですよね(笑)

入るならバンドサークルかなあーと思っていたので、別にいいんですけどね!

バンドサークル


そんなこんなでバンドサークルに入部!

居場所がなかった僕たちにとって、このサークル部屋が唯一の憩いの場となりました。
昼ご飯とかちょっとした休憩とか、どこにも行くところがないときはとりあえずサークル棟に行く。
そしたら誰かしらいます。
本当に色々な場面で助けられました。


もちろん、バンド活動も真面目にしましたよ!

入部したら先ずは楽器決めです。
これは意外とすんなり決まり、僕はドラムを担当することになりました。
その時バンドサークルに一緒に入った男4人が全員性格が違うというか、適材適所に配置できた感じです。

そこまでは良かったものの、心配事が一つ。。

僕はそれまでドラムの経験はありませんでした。全くの初心者です。
先輩は2年生で就職活動中ということで、ほぼ独学。。
ちゃんとできるようになるかな~と、とても不安でした。

ですが、予想とは裏腹にどんどんレベルアップ!
その背景には、短大バンドサークルならではのメリットがありました!

短大バンドサークルのメリット

バンド数が少ないので練習がたくさんできる


通常の大学では、サークル内にはたくさんのバンドがひしめき合っています。
ですが練習で使える部屋は1つ。交代制で練習をすることになり、必然的に練習時間は短くなってしまいます。

その点僕が通っていた短大の場合、バンドの数は先輩で1つと自分たちの代で2つ、合わせて3つでした。
そのうえ先輩たちはもう就職活動を始めていましたので、練習に来ることはあまりなく、実質2バンドで使い放題でした!

この結果、たくさんの練習時間をとることができました。

各イベントに1年生の頃から参加できる

県内の大学のバンドサークルが集まって行うライブイベントが、年に数回ありました。
このイベントには、各大学から1~2バンドしか参加できません。

通常、バンドサークル内にはいくつものバンドがあるので、どのバンドが出場するかは選抜式になります。
ですが僕たちは違います。僕たちの代はバンドが2つしかないので、この時点で出場確立50%!
もう一つの女子で結成されたバンドと、どっちが出場するか話し合いで決めることになります。
そして女子バンドの人たちは、初心者の状態でそういうイベントに出るのは怖い!とほとんどを拒否!
結果、ほぼすべてのライブイベントに僕たち男子バンドが出場しました(笑)

周りの大学からは選りすぐりのバンドが出場しますので、レベルが違います。
最初は全然ダメで恥ずかしい思いもしましたが、4,5回出場したころには大分上達し、そういう雰囲気にも慣れました。
同年代と比べても大分上手い方だったのかなと思います。

まとめ


以上、短期大学に通う男の日常~サークル編~をお話しました。

今回の記事で僕が伝えたかったのは、
短大に通う男子は、男同士で集まって何かしらかのサークルに入った方がいい!
ということです。
そうすることで自分たちの居場所ができますよ!

僕の場合はバンドサークルでしたが、どんなサークルでもOKです!
短大生活がより楽しくなるのは間違いないです!

ではでは!!