【必見】映画「Codaコーダ あいのうた」手話で紡ぐ家族の感動ストーリー!

  • 「Codaコーダ あいのうた」のあらすじ・率直な感想を知りたい!
  • 手話が出てくるおすすめ映画を知りたい!
  • とにかく泣ける映画を知りたい!

この記事はそんな方へ向けて書いています。



こんにちは!のいです。

突然ですが、どうしても紹介したい映画があります。

それがこちら「Coda あいのうた」です。

Coda(コーダ、Children of Deaf Adunltsの略)とは、耳が聞こえない親に育てられた聞こえる子供のことを指します。

そんなCodaと言われる少女ルビーと、その家族の物語を描いた映画になります。

そして何を隠そう、僕自身もCodaです。
それも相まって、作品に込められた思いを強く感じました。


今回は「Coda コーダ あいのうた」の魅力を徹底的に紹介させていただきます!


作品情報

作品情報


世界各国の様々な映画祭にてグランプリを受賞し、大絶賛された作品です!

極めつきは、あのアカデミー賞で作品賞含む3部門を受賞しました!!



まず注目すべきはキャスト陣。

耳が聞こえない父・母・兄役は、本当に耳が聞こえない「ろう」の俳優が演じています。

また家族で唯一耳が聞こえる主人公役を演じたエミリア・ジョーンズは、撮影前に9ヶ月かけてASL(アメリカ手話)を猛特訓したそう。

「セリフとしてではなく、アドリブで演技できるようになりたかった」とのことです!


撮影現場の通訳さんたちも皆Coda。

キャスト・スタッフ含めて、並々ならぬ熱い思いを持って制作され話題になりました。



またこちらの作品ですが、フランスで公開された映画「エール!」のリメイク作品です。

「エール!」も実際に視聴しましたが、とても感動的で素敵な映画でした
「Coda あいのうた」 同様オススメの作品です!



ちなみに、本記事を読み進めて

どちらの映画も見てみたいな!

と感じていただいた方には、
Amazonプライムビデオでの視聴をおすすめします!

まだ登録していない方も、30日間の無料体験を利用すれば無料ですぐ見れますよ!



無料体験申し込みはこちらから↓↓

  • 「Amazonプライム会員30日無料体験」をクリック↓↓


  • 「プライム30日間の無料体験」をクリック → 自身のアカウントにログイン
Amazonプライム_ログイン


  • アカウントにログインすると各種情報が自動反映されます
    (アカウント新規作成の場合、各種情報の入力が必要
    )


  • 内容を確認して「30日の無料体験を開始する」をクリック、完了!




あらすじ

あらすじ


耳が聞こえない両親・兄と一緒に暮らす主人公ルビー。彼女は家族で唯一耳が聞こえます。

そんな彼女は、家業の漁業をはじめ社会的な繋がりにおいても”通訳”として家族をサポートしていました。


ある時、ルビーに歌の才能があることを学校の先生が気付きます。

名門音楽大学への進学を勧められたルビーは大学進学の気持ちを家族に伝えますが、ルビーの歌声を聞けず才能が分からない両親は猛反対。

そもそも通訳としてルビーがいないと家業もうまく回らない状況、、ルビーは夢を捨て家族とともに生きることを決意しました。


そんな中、ルビーのはじめての合唱コンクールに訪れた家族。

このコンクールをきっかけに、家族は大きな決断をします。。

これ以上はネタバレになるので、ここまでにします!



感想・おすすめポイント

引き込まれる感情描写


Codaの複雑な感情が丁寧に描かれています。

  • 周りの友達とは違う環境で育ったことに、どこか劣等感を持ってしまう。。
  • サポートしたい気持ちはあるが、頼られすぎて負担になってしまう。。
  • でも家族のことは大好き。

家の中がうるさい、というクスっと笑えるあるあるも!


僕が育った環境に似ている部分も多く、リアルな世界観に引き込まれました!

娘の才能に気付く父


合唱コンクールに訪れた父が、娘の才能に気付くシーン。

ここで皆さんに質問です!
声が聞けない中どうやって娘の才能に気付いたと思いますか?


詳しく説明したいのですが、映画の肝になる部分だと思うのでここでの説明は避けます。

ぜひ、実際に映画を見てご自身で見てください!というか、感じてください!!


このシーン、思い出すだけで涙が出てきます。自分の両親もこういう感覚なんだなと。。

別れ際、家族にあてた最後の手話


映画の最後、娘を送り出すシーン。

ルビーはある手話をします。

親指と人差し指と小指を立てた「 I Love You(私はあなたを愛している)」

それをさらに人差し指に中指をかけることで 「I Really Love You(私は本当にあなたを愛している)」という意味になります。

「I Love You」の手話については、女優の上白石萌音さんが紹介しています!



家族の愛、この物語の全てが1つの手話に込められている気がして、本当に感動的でした!


ちなみに、手話に興味があるという方いましたらぜひこちらの記事もご覧ください!

初心者向けの勉強方法をまとめています!

【初心者向け!】手話独学におすすめの学習本を3冊厳選して紹介します!



おすすめポイントはもっとありますが、、、

気になる方はぜひ映画を直接ご覧ください!


最後に伝えたいこと


以上、映画「Codaコーダ あいのうた」をご紹介しました。

冒頭でも話しましたが、僕はどうしてもこの映画の魅力を伝えたかった。。
そして実際に見てほしいと切に願っています。


それはなぜかと言うと、

「CODAという言葉がもっと世間に認知されてほしい」という思いで、ブログ・SNSで情報発信をしているからです。


僕は昔から、周りの友達とは違う家庭環境に劣等感を持っていました。

そして、僕のような人間はどこにもいないんだ、とも思っていました。


しかし世界中の人と繋がれるようになった今、Codaと呼ばれる人がたくさんいることを知り、そこでやっと「僕は1人じゃないんだ」と思えるようになりました!

どこかにまだ、Codaという言葉を知らず悩み続けている人がいるのでは。。。
君は孤独じゃないということを知ってもらいたい!

その近道が、この映画を日本中・世界中に広く紹介することだと思っています。


騙されたと思って一度この映画を見てみてください!

人によっては人生観が変わるくらい、本当に後悔しない良作です!!

そして周りにCoda、もしくは似たような環境で悩んでいる方がいれば、この映画をおすすめしていただければ嬉しいです!


ちなみに、紹介したい作品は他にもたくさんあります。

こちらもぜひ一度ご覧ください!

「耳が聞こえない」を描く映画・アニメ5選とお得な視聴方法まとめ!【手話学習にも!】


僕の思いが少しでも伝わっていれば幸いです。

ではでは!!