意外に大事なポイント!新車はどういう営業マンから買うべき?

チェックポイント!



新車購入でミスをしたくない!
こう思っている方は、金額の方に目が行きがちです。

もちろん金額も大事ですが、そこばかり気にしていると
後々大きな後悔をする可能性があります。

今回は、新車購入後もずっと後悔しないために僕が伝えたいポイント
どういう営業マンから買うべきか?についてご紹介します。

なお、この記事で記載している営業マン像はあくまで一例です。
断言しているわけではありませんので、その点ご理解の上ご覧ください。


先にまとめ


結論から先に言うと、新車は
エリート営業マンから買いましょう!

見極め方としては

  • 身だしなみに気を付けている
  • ハキハキと話す
  • 説明が的確で分かりやすい
  • いかにも仕事ができそう

などです。

なぜエリート営業マンから買うことをお勧めするのか、次から説明していきます!

メリット

金額面


まずは金額面のメリットについて。ずばり
エリート営業マンから新車購入する方が、結果的に安くなる可能性は高いです!

以前、車を購入する際は営業を味方につけることが大事という話をしました。
【初心者向け!】新車の値引き交渉術を元自動車営業マン目線で解説!

上の記事にも書いている通り、
営業マンを味方につけることができたとして、いざ値引きの交渉となったら
営業が店長に値段交渉をするという形になります。

この時、エリート営業マンからのお願いなら、店長も信頼しているので
まあこいつが言うなら限界まで値引きするか
となり、値引き交渉がスムーズに進むことが多いです。

逆に、あまり成績が良くない営業マンだと信頼は薄く
(ここでは非エリート営業マンとします)
そんな簡単に値引きできるか!今の金額でどうにかしてこい!

となるわけです。

購入までの対応


エリート営業マンは、購入後納車までの対応もトラブルなく丁寧であることが多いです。

売れてるから時間なくて、一人一人に時間かけれないから雑になるんじゃない?
と思うかもしれません。

そうです。エリート営業マンは時間がありません。
だからこそ、余計なミスで時間を奪われないために、
予見できる問題は先にすべてつぶします。

また、両者の違いとしてトラブル経験の差があります。
エリート営業マンはそれまでに色々な経験をしているため、
トラブルがあったとしても冷静に対処できます。

また店長や周りの人も助けてくれるので、すぐ鎮火することができます。


逆に非エリート営業マンは、トラブルの経験数が少ないのですぐパニックになります。
周りの人も積極的に助けようとはしません。

その結果、更なるミスを繰り返します。

納車後の対応


納車後、事故や故障などが起きた場合も、エリート営業マンから購入していた方が得です。

例えば、新車購入1か月後、急に路上で車が止まったとします(あまり考えられませんが)
しかも、トラブル発生現場が購入店舗から車で2時間かかる郊外だったとします。


エリート営業マンの場合、トラブル発生現場の近くにある自社店舗に電話をして
お客様のところへレッカーなり助けに行ってくれないかのお願いをします。

エリート営業マンは自店舗のみならず、他店舗のスタッフからも一目置かれているため
彼のお願いなら動くしかないかと頼まれた方も積極的に動きます。

逆に非エリート営業マンの場合
トラブル発生現場の近くの店舗に電話したとしても
その店舗スタッフは積極的に動いてくれません。

こういう営業マンは時間も余ってますし、結局自分で動こうとします。
トラブル発生現場まで車で2時間もかかるのに。。。

お客側からすると、どちらが安心かは明白ですよね!

気を付けてほしいこと


ここまでメリットばかり話してきましたが
気を付けてほしいこともあります。それは、

エリート営業マンの中には、自分のことしか考えていない、成績が良いだけの営業マンもいる
ということです。


こういう営業マンは売ることしか考えていないので、対応も雑で遅いです。

ただ、こういう営業マンはトラブル発生が多く対処に追われるので
長い目で見れば成績も下がっていきます。

仕事はできそうだけど、性格に難ありだったり、経験豊富ではなさそうな営業マンは注意が必要です。


以上、どういう営業マンから買うべきか?についてご紹介しました!
金額だけでなく、どういう営業マンかも意識して、本当に後悔のない買い物をしましょう!

ではでは!